PCを買うときに気をつけた方が良い事。(メモリの大きさについて)

2010/2/28
  • PCサポート
  • PCのスペック

~windows7を例にあげていますが、新しいバージョンでも考え方は一緒ですのでご参考まで~

最近「windows7、vistaは処理が遅い」という話を伺う事が多いですが、
「メモリが少ない」というケースも多いように感じます。

windows7やvistaをきちんと働かせる為には
「最低限、メモリが2GB以上」必要になります。

これはどういう事かと言いますと

パソコンのメモリが小さい時の状態例

パソコンにとって「メモリ」は作業台にあたります。
作業台が小さいと仕事がスムーズに出来ず「処理が遅く」なってしまいます。

windows7、vistaは「美しい画面表示をする為に」
とても沢山の仕事(処理)がパソコンの中で行われます。
(今時のPCは「半透明で表示…半透明などの処理をする分、負荷が高くなります…」など、基本的な部分から昔のPCよりも処理内容が多くなっています。

それなので、余計に作業台=メモリが余計に必要になっているのです。

メモリが十分にあれば

パソコンのメモリが適正な時の状態例

「スッキリ!」通常の操作であればスムーズに行われます!
(自分の場合、画像処理を多くするので4GB入れています)

メモリは後からプラスしていく事も出来ますが、
「本体との相性」
「本体によって、対応できるメモリ量が違う」
という事がありますので、その点はどうぞご注意ください!